2016年12月22日

日本の大学で博士の学位が取り消された事例集(2011年まで)

 日本国内の博士論文データベースである CiNii Dissertations(CiNii-D)、国会図書館OPAC(NDL-OPAC)、各大学がウェブ上で公表している資料、「聞蔵IIビジュアル」(『朝日新聞』)・「ヨミダス歴史館」(『読売新聞』)などを利用して、日本の大学で博士の学位が取り消された事例について調べてみた。なお、個人名についてはさしあたり伏せる。

 学位論文にまつわる不正自体は古くから噂されていたようであるが、実際に学位取消に至ったことが確認できる事例は、20世紀末までほとんど見られず、2010年ごろから急速に増え始めたようである。
 以下、配列は学位取消の年代順による。分量が多いため2011年までで一区切りする。

◆1970年2月/東北大学/農学博士[論文博士]

 1967年4月20日付学位授与。1970年2月28日、東北大学大学院農学研究科委員会の委員長が、博士学位論文の取り消しを委員会で合意したと発表した。ただし、実際に取り消されたかどうかは未確認(データベース上では取り消しとはされていない)。
 提出者は元東北大学農学部助手(1970年当時は広島大学水畜産学部助教授)だが、指導教官の論文の一部がそのまま使われていることが問題化し、院生たちが抗議していた。この事件では農学部水産学科の教授・助教授ら4人が自発的に謹慎している(『朝日新聞』1970年3月1日付朝刊)。
 なお『朝日新聞』は、文部省大学学術局の「学位論文が盗作だったとして問題になった例はあるが、そのために学位が取消されるというのは、きわめて異例だ」というコメントを紹介している。

【CiNii-D】http://ci.nii.ac.jp/naid/500000422746
【NDL-OPAC】http://id.ndl.go.jp/bib/000009252194

◆1994年5月/筑波大学/博士(教育学)

 1990年3月筑波大学大学院体育科学研究科より学位授与、1994年5月30日取消。
 提出者は学位授与当時は日本体育大学学長。他の大学院生の論文からの盗作が噂されたため、1994年3月25日に自発的に学位返上を申し出ていた。本人は「筑波大の指導教官から『基礎的研究の部分はこれを援用しなさい』と資料を渡されたので、それをかなり引用した。教官が私のためにまとめてくれたと思っていたので、転用したという気持ちは今もない。今年三月に似ているという指摘を受けたため、私の良心として自分から学位の返上願を出した」と主張した(『読売新聞』1994年6月23日付夕刊。また、『朝日新聞』同日付夕刊も参照)。
 なお、『読売新聞』は文部省大学課の「学位の取り消しは聞いたことがない」というコメントを紹介している。
 データベース上には未掲載か。

◆2005年6月/兵庫医科大学/博士(医学)

 2004年3月31日学位授与、2005年6月16日取消。データベースに学位取消とあるが詳細は不明。

【CiNii-D】http://ci.nii.ac.jp/naid/500000312558
【NDL-OPAC】http://id.ndl.go.jp/bib/000007792767

◆2009年7月/九州大学/博士(工学)[論文博士]

 2001年6月20日学位授与、2009年7月17日取消。2006年10月3日、「データ記載に不適切な点等がある」とする告発があり、2007年6月から工学府調査委員会を設置して調査を開始、研究不正があったとして九州大学学位規則に基づき学位が取り消された。
 調査の結果、博士学位論文中に記載されている物質と実際に実験に使用した物質が異なっていたことが判明した。提出者は化学メーカーに勤務しており、実際に使った物質は企業秘密なので公開できなかった、と主張したが、そのことは論文中に明示されていなかった。また、論文中のグラフと実験データに齟齬があることも判明した。

【大学側発表】
学位論文における研究不正行為の認定及び学位授与の取消しについて(2009年8月5日)
https://www.kyushu-u.ac.jp/f/1989/%E5%AD%A6%E4%BD%8D%E8%AB%96%E6%96%87%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E8%A1%8C%E7%82%BA%E3%81%AE%E8%AA%8D%E5%AE%9A%E5%8F%8A%E3%81%B3%E5%AD%A6%E4%BD%8D%E6%8E%88%E4%B8%8E%E3%81%AE%E5%8F%96%E6%B6%88%E3%81%97%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6.pdf

【CiNii-D】http://ci.nii.ac.jp/naid/500000207293
【NDL-OPAC】http://id.ndl.go.jp/bib/000000405306

◆2010年3月/東京大学/博士(工学)

 2003年3月28日東京大学大学院工学系研究科より学位授与、2010年3月2日取消。東京大学では初めての例となった。提出者は2010年3月当時東京大学工学系研究科助教、トルコ国籍。
 2009年11月13日、外部からの告発を受け調査委員会を設置。調査の結果、博士学位論文の約4割が他人の著作物からの盗用だったことが判明、さらに他の論文での盗用、学歴・経歴の詐称、研究実績の捏造、研究費の不正利用なども判明したため、東京大学工学系研究科助教を懲戒解雇された。また、論文主査をつとめた大学院工学系研究科教授についても、停職1月の懲戒処分となった。東京大学としては初めての学位取り消しとなった。

※インターネット上での問題提起により問題が浮上した、おそらく日本初の事例であり、一般マスメディアでも大きく報じられた。

【大学側発表】
博士の学位授与の取消しについて(2010年3月5日)
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_220305_j.html
博士論文に関する不正行為をめぐる問題について(2010年11月16日)
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_221126_j.html

※その他、東大から発表された関連記事は以下を参照。
科学研究行動規範に関する報道発表資料等
http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/administration/codeofconduct/press.html

【CiNii-D】http://ci.nii.ac.jp/naid/500000352403
【NDL-OPAC】http://id.ndl.go.jp/bib/000008445925

◆2010年3月/名古屋市立大学/博士(経済学)

 2009年9月名古屋市立大学大学院経済学研究科より学位授与、2010年3月取消。
 博士論文の一部を紀要に掲載したところ、別の研究者から「図版など、私の学術書の内容に似ている」という指摘があり、調査の結果、図版4ヶ所などが酷似していることが判明、剽窃と認定された。2010年3月30日公表(『朝日新聞』2010年3月30日夕刊名古屋版)。
 データベース上には未掲載?

◆2010年11月/四国大学

 四国大学大学院経営情報学研究科において、2人の大学院教授(うち1人は研究科長兼経営情報学部長)に対し、博士論文未提出にもかかわらず「梗概」のみで審査を行い、論文が未完成にもかかわらず学位を授与していたことが発覚した。2010年11月11日調査委員会設置、博士号返上要求(『朝日新聞』2010年11月12日付朝刊徳島版、同・21日付朝刊徳島版)。
 学位論文そのものが存在していないため、データベース上には不掲載?

【大学側発表】
四国大学大学院学位授与問題について(2010年12月1日)
http://www.shikoku-u.ac.jp/dousoukai/pdf/apology.pdf

◆2010年12月/広島国際学院大学/博士(社会学)

 2010年3月10日学位授与、2010年12月22日取消。
 2010年10月、博士学位論文をもとにした著書について、盗用疑惑があるとする指摘が出される。調査委員会による調査の結果、博士学位論文に引用と明示されていない引用があることが発覚、本人も盗用を認めたため、学位および単位認定を取り消し、退学処分とした。

【大学側発表】
学位授与の取り消しについて
http://office.hkg.ac.jp/~jimu/data2/news/gakui-torikeshi/

【CiNii-D】http://ci.nii.ac.jp/naid/500000512348
【NDL-OPAC】http://id.ndl.go.jp/bib/000010945953

◆2011年1月/広島大学/博士(学術)

 2007年3月7日学位授与、2011年1月18日取消。広島大学としては初。提出者は中国籍。
 2009年8月25日、博士学位論文をもとにした著書について、「無断引用」があるとする指摘を、引用された本人が指摘した。調査の結果、博士学位論文に4000字を超える「無断引用(盗用)」があることが発覚、特に冒頭の「本研究の成果」については全体の約45%(約1000字)が盗用であった。

【大学側発表】
学位授与の取消し及び学位記の返還について(2011年1月18日)
http://www.hiroshima-u.ac.jp/news/show/id/9962

【CiNii-D】http://ci.nii.ac.jp/naid/500000394253
【NDL-OPAC】http://id.ndl.go.jp/bib/000008938425

※「無断引用」は大学側の表現。「実際には引用であるにもかかわらず、引用文であることが示されていない」(著作権法第34条第1項の「公正な慣行」「正当な範囲」に合致しない引用)という意味であろうが、「原著者の許諾なしに引用している」(著作権法第34条第1項で許されている引用)という意味に誤解される恐れがある。他大学でも同様の表現をしている例があるが、「盗用」「不正引用」など他の表現を用いるべきではないだろうか?

◆2011年12月/東京大学/博士(教育学)

 2009年7月8日学位授与、2011年12月5日取消。
 2011年5月22日、論文に不正行為があるとする指摘があり、調査を行ったところ、博士学位論文に出典を記載しない引用が13ヶ所、出典は記載しているが引用部分が不明確な引用が1ヶ所あり、博士学位論文をもとにした単著でも修正されていなかった。また、2本の原著論文にいて全体の約5割が盗用であった。東京大学としては2人目の学位取消。

【大学側発表】
東京大学社会科学研究所助教に係る論文等の不正行為及び博士の学位授与の取消しについて(2011年12月9日)
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_231209_j.html

【CiNii-D】http://ci.nii.ac.jp/naid/500000352403
【NDL-OPAC】http://id.ndl.go.jp/bib/000011104825

続き:2012〜2016年

posted by 長谷川@望夢楼 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑似科学・懐疑論・トンデモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445149529

この記事へのトラックバック