2006年06月23日

英訳「教育勅語」

 以下に示すのは、1907年(明治40)に文部省が制定した、教育勅語の正式な英訳である。1909年(明治42)12月に文部省が発行した『漢英仏獨 教育勅語譯纂』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー所収、全国書誌番号 41018310)に、原文および漢訳・フランス語訳・ドイツ語訳とともに収められている。現代の読者にとっては、むしろ原文よりも理解しやすいかもしれない。

 少なくとも、「国民道徳協会訳」あるいはそれに類するものがいかにインチキをやっているのかは、この英訳や、先に示した文部省図書局による口語訳とよく見比べていただければ、お分かりになるはずである。

 なお、念のため注意しておくと、大文字の "Our" は国王・皇帝の公式の自称(の所有格。「朕が」または「わが」)である。一人称複数所有格の「われわれの」という意味ではない。

The Imperial Rescript on Education

Know ye, Our subjects:
Our Imperial Ancestors have founded Our Empire on a basis broad and everlasting and have deeply and firmly implanted virtue; Our subjects ever united in loyalty and filial piety have from generation to generation illustrated the beauty thereof. This is the glory of the fundamental character of Our Empire, and herein also lies source of Our education. Ye, Our subjects, be filial to your parents, affectionate to your brothers and sisters; as husbands and wives be harmonious, as friends true; bear yourselves in modesty and moderation; extend your benevolence to all; pursue learning and cultivate arts, and thereby develop intellectual faculties and perfect moral powers; furthermore advance public good and promote common interests; always respect the Constitution and observe the laws; should emergency arise, offer yourselves courageously to the State; and thus guard and maintain the prosperity of Our Imperial Throne coeval with heaven and earth. So shall ye not only be Our good and faithful subjects, but render illustrious the best traditions of your forefathers.

The Way here set forth is indeed the teaching bequeathed by Our Imperial Ancestors, to be observed alike by Their Descendants and the subjects, infallible for all ages and true in all places. It is Our wish to lay it to heart in all reverence, in common with you, Our subjects, that we may all thus attain to the same virtue.

The 30th day of the 10th month of the 23rd of the Meiji.

(Imperial Sign Manual. Imperial Seal.)

ラベル:教育勅語
posted by 長谷川@望夢楼 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育勅語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック