2010年05月27日

マーティン・ガードナー死去

 疑似科学批判の古典である『奇妙な論理』の著者(もちろん、それだけではないですが)、マーティン・ガードナーが、去る5月22日に亡くなったとのことです。 CSICOP のサイトより。

http://www.csicop.org/news/show/the_death_of_our_beloved_colleague_martin_gardner

 95歳ですから大往生ということになるのでしょうが、淋しいですね。
posted by 長谷川@望夢楼 at 00:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 疑似科学・懐疑論・トンデモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『奇妙な論理』は、と学会の本で推薦されていて、読みました。古典ですが、著者が亡くなったとは知りませんでした。エセ科学と戦う方が亡くなるのは寂しいです。
Posted by カスパー at 2010年05月30日 02:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック