2006年03月10日

「自然科学と、日本の学問と云ふことが、どう違つて来るか」

 ついでながら、紀平にはこんな文章もある。これまた誤解を避けるため、あえてやや長めに引用する。

自然を認識すると云〔い〕ふことは、自然を分析し、分類して自然を我用に供せんとする理論の構成、それが自然科学であります、即〔すなわ〕ち自然よりの搾取の理論であります。さう云ふ意味での自然科学と、日本の学問と云ふことが、どう違つて来るかと云ふことを先〔ま〕づ念頭に置いて考へて戴きたい。

 そして一例を申し上げます。アメリカ人が言うた。日本人は祖先以来何年はなるか知れないが、同じ田に於いて同じ米を作つてゐて然〔しか〕も増収するといふのが不思議だと。あなた方は不思議になりませんか。祖先伝来の田は同じ所に同じ米を作つてゐます。而〔しか〕も増収を図つてゐます。これはアメリカでは絶対に出来ない芸当であります。何ものを作付けしましても三年替りであります。麦を一つ所に蒔〔ま〕きます。同し場所で三年するともう駄目になる。そこで土地をかへるのです。又三年経つてそこへ蒔く。故に日本人のなしゐることは不思議なことにちがひない。そこでわれ等自ら反省して見なくてはならない。すると根本的に精神の働かせやうが違ふのであります。

 第一には、日本人のは南洋人の如くに、自然より搾取すると云ふことでなく自然とともなると云ふ考であります。否、自然もわれも共に神の生み給うた所のもので、われわれとは同胞である。同じく生きてゐるものである。科学的には、いろいろ肥料が出来てゐますけれども、所謂金肥〔きんぴ〕〔化学肥料〕を使ひますと一時は良くなりますが、大地を瘠せらかしてしまひます。若干年経てばもう駄目になるでありませう。金肥を無自覚に使つてはいけない。自然の大循環を工夫した堆肥でなければいけないのであります。〔略〕

 第二には米が又〔また〕水田作であるから可能なのであつて、陸ではいけないことになほ日本人も研究中でありますが、ものによつては、同し場所では二年つづけることも不可能なのがあります。このことを考へるとき皇祖天照大神〔あまてらすおおみかみ〕が特に米を水田に作らせるには専門家に研究せしめられた〔略〕その上で天孫御降臨の場合に特にこの米を神勅を以つて御降しになつたことであります。日本人は米について特別の感謝を払はなくてはならない。今日米の不足といふことは、それを粗末にした神罰と考ふべきでありませう。以上で、西洋の自然科学と日本のとその心得方の相違といふことはお分かりになつたと考へます。

――紀平正美『行と科學』(目黒書店、1941), pp.16-20. 強調は原文傍点。

 どうやら紀平は、水稲栽培が連作障害を起さないのは日本精神とやらのおかげだと思っているらしい。そして、それが西洋自然科学と「日本の学問」とやらの重大な相違を示すものだ、とも思っているらしい。こんなタワゴトを言い出す前に、紀平はまず農家に話を聞きにいくべきだったろう。

 一般に、同じ場所に同じ農作物を何年も続けて栽培していると、その作物は生育不良や病気を起こしやすくなる。「忌地」(いやち)あるいは「連作障害」と呼ばれる現象である。この現象が起こるメカニズムは必ずしもはっきりしていないが、病原微生物の増殖や養分の欠乏、それにアレロパシー(植物自身の出す化学物質が、他の植物などの生育に対して影響を与える現象)などが原因として指摘されている。しかし、中にはこの連作障害を起こさない植物もあって、その代表例が水稲なのである。要するに、日本だろうがアメリカだろうがどこだろうが、同じ場所に米だけを作り続けても何の問題もないが、同じ場所に麦だけを作り続けると連作障害を引き起すのであって、「精神の働かせやう」など何の関係もないのである。まあ、紀平に話をしたアメリカ人が(そして紀平自身も)、単にイネの生態に無知だったというだけの話である。

 化学肥料を「無自覚に使つてはいけない」とか、有機農法の方が優れているとかいった主張自体には賛同される方も少なくないだろう。また、ヨーロッパと日本の自然観の違い、という話もそれなりに賛同される方もおられるかもしれない。しかし、それ以前の基本認識がてんでデタラメなのだからお話にならないし、その根本的な間違いをもとに、自然科学とは異なる「日本の学問」などというものを立ち上げ、それを天照大神に(したがって、その子孫たる天皇に)結びつけようとする神経には、うすら寒さすらおぼえるのである。

posted by 長谷川@望夢楼 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑似科学・懐疑論・トンデモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック